"

筆者があらゆるドラクエ関連のレビューを読んだ中で、一番スリルがあり鬼気迫る読後感と感動を覚えたのが『CURE キュア』などの作品で知られている黒沢清の著書『映画はおそろしい』に掲載されていたドラクエⅡに関するエッセイである。以下そのページを引用しよう。

「FFⅢをめぐる対談記事の中の、高橋源一郎氏の発言を読んで、ハタと膝を打ってしまった。氏は”やはりドラクエⅡが最高である。ドラクエⅡには殺意が感じられた”と語っている。 
 そうなのだ。ドラクエⅡ。あれは確かに凶暴なゲームだった。プレイヤーが手塩に掛けて育てたキャラを、容赦なく皆殺しにしてしまおうとするドス黒い意志が全編を支配していた。ダンジョンの奥底でやっと見つけた宝箱を前にして、突如出現したキラータイガー四頭立てによる先制攻撃。それは悲惨としか言いようのない状況だ。バタバタと死んでゆく仲間たちは、棺桶と化して教会へ送り返される。この屈辱から立ち直るのは並たいていのことではない。 
 いったいいつの頃からだろうか。RPGがキャラを育てるゲームであるという認識が一般的になっていったのは。確かに、主人公がだんだん強くなってゆくのを見るのは楽しい。所持金がうんとたまれば、思わず顔がほころんでしまう。しかし、お金や魔法値を精一杯節約し、取れる宝は全部取って、最短コースでゴールに向かうだけがRPGではないはずだ。終了した時、100万Gたまっていたからといって、いったいなにが楽しいのか。巨大なドラゴンのボスを一刀の元に斬り捨てたからといって、何が偉いのか。RPGが効率よくコトを進めればよいだけのゲームに成り下がってはならない。 
 ドラクエⅡに戻るべきである。たかがマンドリルくんだりにボロ負けして、命からがら城へ逃げ帰ったことを思い出そう。あれは、はっきり生きるか死ぬかのゲームだった。キャラを育てようなどと考える余裕はなく、僕たちはただ何とかして生き残ることだけを考えていた。ふと気付くと、確かにキャラは成長しているのだが、そんな満足など吹っ飛んでしまうほどの凶悪な罠がすぐ先に仕掛けてある。でも、僕たちは負けなかった。 
 最初、城の周りを逃げ腰でうろつくだけだった自分が、いつの間にか強靭な意志と勇気を持って死に挑みはじめる。ドラクエⅡは、そんな自分自身のけなげさに涙するゲームである。 
 はっきり言おう。RPGとは、断じてキャラを成長させるゲームではなく、プレイヤー自身が成長してゆくゲームなのだ。」(P.186-187)

 
 ここで言われているドラクエⅡとはもちろんFC版のことである。後にリメイクされたSFC版とGB版は難易度が大幅に下がってしまった。つまり、本物のドラクエⅡを体験するならばFC版でなければならないのである。
 
 FC版ドラクエⅡの存在は、一種のホラーである。筆者も子供のころ体験したロンダルキアの洞窟の地獄は、はっきりと「悪夢」として記憶に刻印されている。やっとの思いで命からがらロンダルキアの洞窟を抜け出したら、そこは一面雪景色だった。ああ、なんて綺麗なんだと感嘆し、数歩踏み出すとさらに凶暴なモンスターがウジャウジャと現われてきたのである。
 
 FC版ドラクエⅡは『バイオハザード』や『サイレントヒル』シリーズより「おそろしい」ゲームであった。"
"近所に住む幼女に突然結婚を申し込まれた
「おっきくなったらね~」と答えて出掛けた

家に帰ると玄関前に不審な男が一人
俺「あのどちら様でしょう?」
男「このロリコンが!キモイんだよ!」
俺「はぁ?」

話を聞くと、この男は幼女の父だそうだ
「おっきくなったらあの人と結婚するんだ~」
「どれくらいおっきくなればいいのかな?」とか言っているの聞いてムカついてやってきた
本当は「おっきくなったらパパと結婚する」と言われるのが夢だったのに
近所の男に言われた事がショックだったと泣きながら熱く語ってくれた(‘A`)

奥さんが登場して事情を話したら奥さん旦那をビンタ。ビンタ。ビンタ…何回ビンタするんですか(‘A`)
奥さんに手を引かれて帰っていく姿がなんともシュールだった(‘A`)"
"○参加してもいい人
「花火を間近で観られるなんて楽しそうだなあ」という人。
○参加してはダメな人
「私が行ってもいいんですか?」という人。
「他に誰が来るんですか?」という人。
以上です。
※この参加条件、なかなか好評で、「飲み会の案内に使っても良いですか?」などの意見を多数頂きました。ぜひ使って流行らせて下さい。幼稚園の遠足的政治的振る舞いを行動原理とする人は、いまだに多いようですね。"

[mixi] 岸野雄一さん | 落書き庁 2009-09-13 (via highcampus, suzueri)

(via wideangle) (via katoyuu) (via mizushike) (via rarihoma) (via yukkila) (via poochin)

(via nakano) (via raitu) (via kiri2) (via clione) (via yellowblog, suzueri) (via usaginobike)

(via senjirou) (via ryotarox)

(via dc-ep)

(via porison) (via moja-moja) (via highlandvalley) (via imenuma) (via netgeek) (via polygonplanet) (via late5)
LTEのモバイルルーターをゲット。GL01P (Instagramで撮影)

LTEのモバイルルーターをゲット。GL01P (Instagramで撮影)

"

ゲーセンのゲームは
技能や習熟で100円を補たもんな
ソーシャルゲーはそうじゃなくて
かけた金額が結果に直結することが多いから
叩かれやすいんだろうけど
娯楽の金銭的価値って難しいよなあ

»241
お母ちゃんの肉ジャガにお前いくら払う?
払わんだろ?
だけど死ぬ前に食いたいのは料亭の肉ジャガか?

これは社長の言葉

"
"

下校中と思われる小2くらいの男の子が塀の影に隠れていて、後から歩いて来る女の子を驚かそうと待ち伏せしている様子なんだけど西日に当たって影がぜんぜん隠れてない 「ぼうず!影!かげ!」て思って見てたら女の子もそれに気づいて急に立ち止まり、帽子を抜いで髪どめを外して軽く髪を整えて…


…男の子が隠れている塀のとこまで歩いて行って、案の定、男の子が「ワッ!」とか言って出てきて、そしたら女の子が「キャッ!」とか言ってんの ほんで「もうーヤダー!」みたいなこと言ってんの なんなん?これが女子力なん?見た目は子ども、中身は女なん? こわいわー 女こわいわー

"
" 都市設計者が陥りがちな誤りは、安易な「機能優先の合理主義」で都市を設計してしまう、ということだ。どういうことかというと、物理的な時間や物理的な空間だけを尊重して設計するなら、「道はまっすぐなほうがいい」、「道路は格子状がいい」、「区域はオフィス地帯、工業地帯、商業地帯、住宅地帯などのように、機能別になっていたほうがいい」、などと推論しがちであるが、これが誤りなのである。このような発想で都市を構成することを「ゾーニング」と呼ぶ。
 ル・コルビジェやミース・ファン・デル・ローエなどがこのような「ゾーニング」の発想を持った典型的な都市デザインの巨匠であった。例えば、コルビジェは、「都市とは純粋な幾何学である」といい、格子状に伸びるまっすぐで幅広い道、所々にそびえる高層ビル、十分距離をとった建物の間に緑地帯が広がる、そんな都市を実際にデザインして、「輝ける都市」と名付けた。ところがこのような思想が実践に移されたプルーイット・アイゴーやチャンディガール、ブラジリア等々が次々と劣悪な失敗作の都市となってしまったのだ。なぜなら、それらの都市は、とても暮らしづらく、人々を憂鬱にし、犯罪の多発する危険な都市となってしまったからだ。
 では、なぜ、この一見もっともらしく見える「機能優先の合理主義」が失敗に陥ったのだろうか。それについて間宮は、次のようにいっている。「コルビジェが想定する人間は、じっさいに生活を営んでいる人間ではない。微妙な心理や繊細な感受性を備え、さまざまの経歴を持った人間ではなく、生物学的な意味での人間である」。
 この間宮の指摘するコルビジェの失敗の原因は、ジェーン・ジェイコブスというアメリカの都市学者の研究から演繹されたものであった。ジェイコブスは、アメリカの代表的な都市について、第二次世界大戦前後の都市開発を具に調査・分析し、魅力的な都市の備える4条件を見出した[*3]。それは次のようなある意味、逆説的にも見える原則たちであった。
 第一は、「街路の幅が狭く、曲がっていて、一つ一つのブロックの長さが短いこと」。第二は、「古い建物と新しい建物が混在すること」。第三は、「各区域は、二つ以上の機能を果たすこと」。そして、第四は、「人工密度ができるだけ高いこと」。これら四条件をすべて満たす都市こそが魅力的な都市であり続けている、ということをジェイコブスは発見したのである。"
"■ソマリアに開設された「海賊証券取引所」
依然として内戦状態にあるソマリア。政府による統制がとれていない状況のこの国では、ご存じのとおり海賊事件が多発して大きな問題となっています。
そのソマリアの海賊たちが首都モガディシュから北東410キロほどの場所にあるハラデレという町にオープンしたのが「海賊証券取引所」です。
「海賊証券取引所」のシステムは、地元民を中心とする投資家が上場する海賊団体が発行する株式を買い、海賊団体はその資金で武器や海賊船、燃料を調達、そして襲撃によって獲得した身代金を出資者に配当するというもの。
考えるだけで恐ろしい「海賊証券取引所」ですが、これによって小さな漁村にすぎなかったハラデレは一大金融都市となり、道路には高級車が走るようになったそうです。"
Theme created by: Roy David Farber. Based on concepts from: Hunson's Black and Blue Eyes theme. Powered By: Tumblr.
1 of 83